山口県宇部市にて生菓子・焼き菓子など洋菓子を販売しております。

商品紹介カテゴリーページ

商品紹介

ショートケーキからタルト、誕生日ケーキ、などさまざまな商品ラインナップでお待ちしております。

苺タルト

苺タルト 当店自慢のサクサクに焼き上げたタルトと、カスタードクリーム、みずみずしい苺のハーモニー。 苺のおいしい季節限定です‼ 13cm 2800円 16cm 4000円 19cm 5000円

レンガ チョコ

レンガ チョコ 140円(1袋) ふんだんに使用しているチョコチップはカカオ70%以上のダークなチョコレート。クッキー自体の甘さとチョコのほろ苦さが絶妙のクッキーです。1袋に4個のクッキーが入ってます。

バースデイケーキ・デコレーションケーキ・

バースデイケーキ・デコレーションケーキ・ 4号 2300円~ その季節ごとのフルーツをたっぷり使用した、ベーシックな生クリームケーキです。誕生日、お祝い事やパーティーにいかがでしょうか。前日までの事前予約で承ります。ご予算やご希望のメッセー […]

焼きタルト・いちじく・

焼きタルト・いちじく・ 350円 9~11月限定 地元船木で採れた新鮮でジューシーないちじくを、そのままタルトに閉じ込めました‼ 自然な甘さ引き立つ、優しい味わい。

焼きタルト・ダークチェリー

焼きタルト・ダークチェリー 350円 コンポートしたアメリカンチェリーをアーモンドクリームと共に焼き上げました。バニラビーンズ入りのクランブルをしっかりのせて、食べ応えあるタルトに仕上げました。

焼きタルト・栗

焼きタルト・栗・ 350円 焼き立ての香り広がる当店自慢のタルト。 皮付きのアーモンドをクリームにし、栗ペーストをプラス。渋皮付き茶栗を添えました。アクセントにはホワイトチョコをチョイス。

ブランマンジェ

ブランマンジェ 360円 ~その季節に合ったフルーツと共に~ 県産の牛乳と生クリームをチョコレートのような、なめらかな口どけに仕上げました。 バニラビーンズとフルーツの香りをお楽しみ下さいませ。

ティラミス

ティラミス 360円 フランス産のクリームチーズと北海道産のマスカルポーネを贅沢に使用したティラミス。 底にはお子様でもお召し上がりいただけるように、エスプレッソではなくカフェオレ風なシロップを染み込ませた生地を。

モンブラン

モンブラン 400円 サクサクのメレンゲとラムの香りを閉じ込めたマロンムースを、 フランス産の栗から作ったマロンクリームで仕上げました。

焼きショコラ

焼きショコラ 380円 カカオ63%のエクストラダークチョコレートを使用。自然な甘さの後からビターなカカオが香り、上品なガトーショコラに仕上がりました。 こだわりの生クリームと共に。

こちらの記事も読まれています。

  • コツが必要シュー系コツが必要シュー系 シュー系と言われると思い浮かぶのはシュークリームでしょうか。あの薄く焼き上げられる生地は、生地を絞って、焼く工程でふっくらと膨らますのが特徴となります。焼き上げる際の温度や、時間でシューの食感も変化してくる繊細なケーキです。 代表的なシュー系 シュークリーム チョコエクレア パリ-ブレスト ベニエ クロッカンブッシュ ブラバンダー・シュニッテン 揚げシューなど。 […]
  • 苺タルト苺タルト 苺タルト 420円 当店自慢のサクサクに焼き上げたタルトと、カスタードクリーム、みずみずしい苺のハーモニー。 苺のおいしい季節限定です‼
  • チョコ生クリームフルーツアントルメチョコ生クリームフルーツアントルメ チョコ生クリームフルーツアントルメ しっとりココアスポンジとガナッシュチョコクリームのデコレーションケーキ。優しい甘さに仕上げております。たっぷりのフルーツと共に召し上がれ♪ 12cm 3132円 15cm 4212円 18cm […]
  • ウェディングケーキの歴史ウェディングケーキの歴史 ウェディングケーキの歴史は、古代ギリシャの時代から行われていた風習と言われています。 意味としては、当時はひとかけらのビスケットを、粉々に砕いて、良き収穫と子宝に恵まれるように花嫁の頭の上にまかれたそうです。そのかけらには幸運があるとされ、招待客が拾い集める風習だったそうです。 その後も、土地と時代によって形を変えていったウェディングケーキ。 ケーキ入刀のあとに、新郎新 […]
  • くすのきロールくすのきロール くすのきロール 300円(1切れ) 1500円(1ロール) こだわりの山口県産の卵、厳選したこだわりの北海道産クリーム。 手土産にも好評です♪
  • ケーキの歴史①近代編ケーキの歴史①近代編 さて、砂糖がヨーロッパにもたされたのは10世紀頃で、十字軍のエルサレム遠征をきっかけに イタリアの諸都市で砂糖を使ったお菓子が作られるようになりました。13世紀のフランスではアーモンドを詰めて焼いたタルトが、パテ屋から生まれ、 そこからお菓子屋さんを「パティスリー」と呼ぶようになりました。 現代の私たちが、食べているようなケーキが作られるようになったのは、ヨーロッパの中世の […]

ソーシャルボタン

PAGE TOP