山口県宇部市にて生菓子・焼き菓子など洋菓子を販売しております。

子供がたくさん集まるハロウィンパーティにも

最近では、季節行事の定番となってきたハロウィンパーティー。子供達がたくさん集まるパーティには、やっぱりケーキが喜ばれています。また、子供達に配るお菓子としても、焼き菓子などを使用することもできます。

こちらの記事も読まれています。

  • バレンタイン・ホワイトデーにだってケーキが活躍バレンタイン・ホワイトデーにだってケーキが活躍 バレンタインといえばチョコレート、ホワイトデーといえばキャンディなどのスイーツというのが定番です。ここで、ケーキを選択肢に入れる人も増えています。チョコレートのケーキ以外にもフルーツケーキなどもおすすめです。 […]
  • クリスマスケーキはブッシュドノエルクリスマスケーキはブッシュドノエル クリスマスケーキにも色々あります。チョコレートのホールケーキや生クリームのホールケーキは当たり前のように見かけるようになりました。少し違ったケーキが食べてみたいという方にはブッシュドノエルはいかがでしょう。ブッシュドノエルはフランス生まれのケーキで木の切り株という意味があります。見た目も木の切り株をイメージさせるものが多く、クリスマスにはぴったりです。 […]
  • ちょっとしたお礼には、焼き菓子も大活躍ちょっとしたお礼には、焼き菓子も大活躍 会社の同僚や友人へ配るちょっとしたお礼やプチギフトには、焼き菓子が活躍します。エールラポールでも小分けにしたギフト用の焼き菓子や、お持たせにも使用できる3〜4人用の詰め合わせなどを用意しています。 […]
  • バースデイケーキにはホールがおすすめバースデイケーキにはホールがおすすめ 近年は、バースデイケーキとしてホールケーキを購入するのが一般的となってきました。エールラポールでは4号(1~3人用)、5号(4~6人用)、6号(8名様前後)と人数によって大きさを選ぶことができます。また、エールラポールではネームプレートの用意もあります。   […]
  • 女子会に欠かせないスイーツ女子会に欠かせないスイーツ ケーキは、女子会には欠かせないスイーツです。持ち寄りの場合、お酒やメインディッシュを持ってくる人は多いですが、スイーツを持ってくる人は少ないので、シフォンケーキやロールケーキなど切り分けやすいケーキを持参するのがおすすめです。 […]
  • ひなまつりだって今はケーキひなまつりだって今はケーキ 今までのひなまつり定番といえば、雛菓子やひし餅などでした。しかし、洋食が進む中でひなまつりには、ケーキを食べる家庭も増えてきています。行事などでしか食べることができない特別感のあるケーキを食べられるとあって、子供達も喜びます。 […]

前後の記事

  前の記事
日本とケーキの歴史
  次の記事
トンネルろまん

こちらの記事も読まれています。

  • 今富ダム公園今富ダム公園 今富ダムの湖畔に広がり、地形を自然のまま利用している公園です。遊歩道が整備されており、桜やショウブの開花、紅葉と四季を通じて色々な植物を楽しむことができます。約500本のソメイヨシノをはじめ、多種の桜が咲き乱れる春には、家族連れや花見客で賑わいます。 […]
  • 焼きタルト・いちじく・焼きタルト・いちじく・ 焼きタルト・いちじく・ 350円 9~11月限定 地元船木で採れた新鮮でジューシーないちじくを、そのままタルトに閉じ込めました‼ […]
  • マロンラムマロンラム マロンラム 210円 フレッシュバターと洋栗を贅沢に使い、香り高いラム酒を焼き立てに染み込ませたリッチな焼菓子。
  • バースデイケーキ・デコレーションケーキ・バースデイケーキ・デコレーションケーキ・ バースデイケーキ・デコレーションケーキ・ 4号 2300円~ その季節ごとのフルーツをたっぷり使用した、ベーシックな生クリームケーキです。誕生日、お祝い事やパーティーにいかがでしょうか。前日までの事前予約で承ります。ご予算やご希望のメッセージプレートともに、花を添えること間違いなし!! 参考サイズ:4号(1~3人用)、5号(4~6人用)、6号(8名様前後) 7号以降はご相談 […]
  • ケーキの語源ケーキの語源 ケーキは外国語では、 英語でcake(ケイク) ドイツ語でKuchen(クーヘン) フランス語でgateau(ガトー) イタリア語ではtorta(トルテ・・・大きなケーキ) dolce(ドルチェ・・・スイーツと同じ意味)または pasta(パスタ・・・麺類や小さいケーキのこと) と発音します。 英語圏では1200年頃から存在していたと考えられており、古 […]
  • 野外彫刻野外彫刻 宇部市は、緑と花と彫刻の町として知られています。1961年には大規模な彫刻展「宇部市野外彫刻展」が開催されました。それ以後も名称を変えながら2年ごとの開催を続けて、60周年を目前としています。野外彫刻は戦後復興からの象徴として宇部市民とともに歩んできたのです。 […]

ソーシャルボタン

PAGE TOP