山口県宇部市にて生菓子・焼き菓子など洋菓子を販売しております。

ケーキの成り立ちカテゴリーページ

ケーキの成り立ち

日本とケーキの歴史

日本に初めてケーキが伝えられたのは、1543年に鉄砲を伝えたポルトガル船が、種子島に漂着したことがきっかけとされています。 その時に入ってきたのは、いわゆる“カステラ”で、これが日本でのケーキの歴史の始まりです。 日本で最初につくられたショ […]

ウェディングケーキの歴史

ウェディングケーキの歴史は、古代ギリシャの時代から行われていた風習と言われています。 意味としては、当時はひとかけらのビスケットを、粉々に砕いて、良き収穫と子宝に恵まれるように花嫁の頭の上にまかれたそうです。そのかけらには幸運があるとされ、 […]

ケーキの歴史①近代編

さて、砂糖がヨーロッパにもたされたのは10世紀頃で、十字軍のエルサレム遠征をきっかけに イタリアの諸都市で砂糖を使ったお菓子が作られるようになりました。13世紀のフランスではアーモンドを詰めて焼いたタルトが、パテ屋から生まれ、 そこからお菓 […]

ケーキの歴史①古代編

ケーキの起源始は古く、古代ローマ時代の料理の本には、「甘いパン」の作り方が書いてあるそうです。 この「甘いパン」が、後のケーキだと言われています。 この時代には、小麦粉の精製技術も進んでおり、オーブンも進歩してきていたので、職業としてのパン […]

2018年2月28日 ケーキの成り立ち

ケーキの語源

ケーキは外国語では、 英語でcake(ケイク) ドイツ語でKuchen(クーヘン) フランス語でgateau(ガトー) イタリア語ではtorta(トルテ・・・大きなケーキ) dolce(ドルチェ・・・スイーツと同じ意味)または pasta( […]

こちらの記事も読まれています。

  • モンブランモンブラン モンブラン 400円 サクサクのメレンゲとラムの香りを閉じ込めたマロンムースを、 フランス産の栗から作ったマロンクリームで仕上げました。
  • 日本とケーキの歴史日本とケーキの歴史 日本に初めてケーキが伝えられたのは、1543年に鉄砲を伝えたポルトガル船が、種子島に漂着したことがきっかけとされています。 その時に入ってきたのは、いわゆる“カステラ”で、これが日本でのケーキの歴史の始まりです。 日本で最初につくられたショートケーキは、1922年に不二家の創設者「藤井林右衛門」によって販売されたものです。海外の一般的なショートケーキは、「biscuit」 […]
  • クリスマスケーキはブッシュドノエルクリスマスケーキはブッシュドノエル クリスマスケーキにも色々あります。チョコレートのホールケーキや生クリームのホールケーキは当たり前のように見かけるようになりました。少し違ったケーキが食べてみたいという方にはブッシュドノエルはいかがでしょう。ブッシュドノエルはフランス生まれのケーキで木の切り株という意味があります。見た目も木の切り株をイメージさせるものが多く、クリスマスにはぴったりです。 […]
  • ブランマンジェブランマンジェ ブランマンジェ 360円 ~その季節に合ったフルーツと共に~ 県産の牛乳と生クリームをチョコレートのような、なめらかな口どけに仕上げました。 […]
  • しっとりからハードまで、チーズケーキ系しっとりからハードまで、チーズケーキ系 チーズケーキも実はいろいろなタイプがあることをご存知ですか? 焼き方やチーズの種類、使用するチーズの量などによって種類分けができるのです。よく知られたものから、あまり見かけないものなどもあります。 代表的なチーズケーキ系 ベイクド レア ヨーグルト スフレ ニューヨーク カマンベール リコッタなどがあります。 […]
  • 子供がたくさん集まるハロウィンパーティにも子供がたくさん集まるハロウィンパーティにも 最近では、季節行事の定番となってきたハロウィンパーティー。子供達がたくさん集まるパーティには、やっぱりケーキが喜ばれています。また、子供達に配るお菓子としても、焼き菓子などを使用することもできます。 […]

ソーシャルボタン

PAGE TOP