山口県宇部市にて生菓子・焼き菓子など洋菓子を販売しております。

ケーキの語源

ケーキは外国語では、

英語でcake(ケイク)
ドイツ語でKuchen(クーヘン)
フランス語でgateau(ガトー)
イタリア語ではtorta(トルテ・・・大きなケーキ)
dolce(ドルチェ・・・スイーツと同じ意味)または
pasta(パスタ・・・麺類や小さいケーキのこと)
と発音します。

英語圏では1200年頃から存在していたと考えられており、古代ノルド語である 「kaka」 が語源とされています。

こちらの記事も読まれています。

  • 日本とケーキの歴史日本とケーキの歴史 日本に初めてケーキが伝えられたのは、1543年に鉄砲を伝えたポルトガル船が、種子島に漂着したことがきっかけとされています。 その時に入ってきたのは、いわゆる“カステラ”で、これが日本でのケーキの歴史の始まりです。 日本で最初につくられたショートケーキは、1922年に不二家の創設者「藤井林右衛門」によって販売されたものです。海外の一般的なショートケーキは、「biscuit」 […]
  • ケーキの歴史①近代編ケーキの歴史①近代編 さて、砂糖がヨーロッパにもたされたのは10世紀頃で、十字軍のエルサレム遠征をきっかけに イタリアの諸都市で砂糖を使ったお菓子が作られるようになりました。13世紀のフランスではアーモンドを詰めて焼いたタルトが、パテ屋から生まれ、 そこからお菓子屋さんを「パティスリー」と呼ぶようになりました。 現代の私たちが、食べているようなケーキが作られるようになったのは、ヨーロッパの中世の […]
  • ウェディングケーキの歴史ウェディングケーキの歴史 ウェディングケーキの歴史は、古代ギリシャの時代から行われていた風習と言われています。 意味としては、当時はひとかけらのビスケットを、粉々に砕いて、良き収穫と子宝に恵まれるように花嫁の頭の上にまかれたそうです。そのかけらには幸運があるとされ、招待客が拾い集める風習だったそうです。 その後も、土地と時代によって形を変えていったウェディングケーキ。 ケーキ入刀のあとに、新郎新 […]
  • ケーキの歴史①古代編ケーキの歴史①古代編 ケーキの起源始は古く、古代ローマ時代の料理の本には、「甘いパン」の作り方が書いてあるそうです。 この「甘いパン」が、後のケーキだと言われています。 この時代には、小麦粉の精製技術も進んでおり、オーブンも進歩してきていたので、職業としてのパン屋も現れました。 例えば、ドラジェやプラチェンタと呼ばれるアーモンドに蜂蜜を絡ませたチーズケーキが作られたのも、この時代なのです。同時 […]
  • トンネルろまんトンネルろまん トンネルろまん ・カット・150円 ・1本・750円 うべの里アートフェスタを記念して、地元にある大棚トンネルをイメージしました。 栗のペーストを加えたしっとり生地に、ごろごろと栗を散りばめ、ラムの香りを閉じ込めました。 お土産にもぜひ♪ […]
  • ブランマンジェブランマンジェ ブランマンジェ 360円 ~その季節に合ったフルーツと共に~ 県産の牛乳と生クリームをチョコレートのような、なめらかな口どけに仕上げました。 […]

前後の記事

  前の記事
エクレア
  次の記事
生クリーム苺のアントルメ

こちらの記事も読まれています。

  • くすのきロールくすのきロール くすのきロール 16cm […]
  • エクレアエクレア エクレア 300円 サクサクに焼き上げたシュー生地に当店自慢のカスタードクリームを詰め、たっぷりとチョコレートをかけました。
  • コンフィチュールコンフィチュール 640円 地元で採れた新鮮なフルーツを丁寧にじっくり煮詰めました。 プレゼントにもおすすめです☆
  • ケーキの語源ケーキの語源 ケーキは外国語では、 英語でcake(ケイク) ドイツ語でKuchen(クーヘン) フランス語でgateau(ガトー) イタリア語ではtorta(トルテ・・・大きなケーキ) dolce(ドルチェ・・・スイーツと同じ意味)または pasta(パスタ・・・麺類や小さいケーキのこと) と発音します。 英語圏では1200年頃から存在していたと考えられており、古 […]
  • くすのきロールくすのきロール くすのきロール 300円(1切れ) 1500円(1ロール) こだわりの山口県産の卵、厳選したこだわりの北海道産クリーム。 手土産にも好評です♪
  • 苺タルト苺タルト 苺タルト 当店自慢のサクサクに焼き上げたタルトと、カスタードクリーム、みずみずしい苺のハーモニー。 苺のおいしい季節限定です‼ 13cm 2800円 16cm 4000円 19cm […]

ソーシャルボタン

PAGE TOP