山口県宇部市にて生菓子・焼き菓子など洋菓子を販売しております。

エールラポールのある街、山口県宇部市カテゴリーページ

エールラポールのある街、山口県宇部市

今富ダム公園

今富ダムの湖畔に広がり、地形を自然のまま利用している公園です。遊歩道が整備されており、桜やショウブの開花、紅葉と四季を通じて色々な植物を楽しむことができます。約500本のソメイヨシノをはじめ、多種の桜が咲き乱れる春には、家族連れや花見客で賑 […]

福原史跡公園

毛利藩の永大家老であった福原家は宇部の領主であり、萩堀内の屋敷に暮らしていました。宇部の邸宅は御田屋と呼ばれ、1976年には史跡公園として開放されました。3月には福原祭りが開催されるなど観光地として賑わう場所です。

野外彫刻

宇部市は、緑と花と彫刻の町として知られています。1961年には大規模な彫刻展「宇部市野外彫刻展」が開催されました。それ以後も名称を変えながら2年ごとの開催を続けて、60周年を目前としています。野外彫刻は戦後復興からの象徴として宇部市民ととも […]

キワラビーチ

キワ・ラ・ビーチは山口県宇部市東岐波に位置する、周防灘(瀬戸内海)に面した海水浴場です。潮干狩りでも有名で、シーズンには山陰などからも観光客が訪れます。また、海自体も遠浅で泳ぎやすく、夏には海水浴客で賑わう場所です。平成8年に地中海のリゾー […]

常盤公園

山口県宇部市にある総合公園です。全国の都市公園100選や桜の名所100選に選定されており、全国の都市に先駆けて行われたモニュメント(野外彫刻)の展覧会場としても有名です。園内には動物園、遊園地、サボテン温室、石炭記念館など、いろいろな施設が […]

こちらの記事も読まれています。

  • 日本とケーキの歴史日本とケーキの歴史 日本に初めてケーキが伝えられたのは、1543年に鉄砲を伝えたポルトガル船が、種子島に漂着したことがきっかけとされています。 その時に入ってきたのは、いわゆる“カステラ”で、これが日本でのケーキの歴史の始まりです。 日本で最初につくられたショートケーキは、1922年に不二家の創設者「藤井林右衛門」によって販売されたものです。海外の一般的なショートケーキは、「biscuit」 […]
  • ゆうれいロールゆうれいロール ゆうれいロール 16cm […]
  • りんごとナッツりんごとナッツ りんごとナッツ ・カット・120円 ・1本・650円 フランベしたりんごとしっとりした生地に、ナッツを加え焼き上げました。ほんのりシナモン風味
  • 初心者におすすめバターケーキ系初心者におすすめバターケーキ系 バターケーキ系は、パターをたっぷりと使った重量感のあるケーキで、食べ応えがあります。 基本的には、バターの風味を生かして、焼き上がりをそのまま味わうシンプルなケーキがほとんどで、焼きっぱなしでいいため、ケーキ作り初心者にはおすすめです。 […]
  • 必須は卵とバター必須は卵とバター 粉類と並んでケーキ作りに重要なのが、バターと卵です。バターと卵の選び方によってケーキの味が決まると言っても過言ではありません。 バター ケーキ作りに使われるバターは、無塩バターを使うのが一般的です。ケーキによって冷やしておいたり、室温にもどしたり、溶かして使用したりします。 卵 ケーキ作りにおける卵の使い方は、用途もさまざまです。卵白だけを泡立てるときは、 […]
  • レモンウィークエンドレモンウィークエンド レモンウィークエンド ・カット・120円 ・1本・650円 地元で採れたレモンの皮&果汁をたっぷりと生地に加え、焼き上がりにアプリコットジャムとレモンシロップを染み込ませたパウンドケーキ。 […]

ソーシャルボタン

PAGE TOP