山口県宇部市にて生菓子・焼き菓子など洋菓子を販売しております。

山口宇部経済新聞に掲載

2018/1/16付の山口宇部経済新聞にてエールラポールを取り上げていただきました!

当店も今年6月に4周年を迎え、5年目に突入します。贈る方と贈られる方の「架け橋」になれるような心を込めたスイーツを提供していきます。ぜひ、ご来店ください。

こちらの記事も読まれています。

  • 営業時間変更のご案内営業時間変更のご案内 お客様各位 新型コロナ感染症の拡散を予防するため、営業時間を下記のように短縮いたします。 各日 12:00~18:00 (10:00~12:00 は閉店) ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。 感染症の拡大が収まりましたら、営業時間を戻すつもりです。 2020年7月25日  店主     […]
  • 子供がたくさん集まるハロウィンパーティにも子供がたくさん集まるハロウィンパーティにも 最近では、季節行事の定番となってきたハロウィンパーティー。子供達がたくさん集まるパーティには、やっぱりケーキが喜ばれています。また、子供達に配るお菓子としても、焼き菓子などを使用することもできます。 […]
  • 焼きたてはタルト系が一番焼きたてはタルト系が一番 手作りできると、料理上手と思われるであろうケーキの代表であるタルト。タルトは生地を練って、型に入れて焼きます。パイよりも厚く、硬めに焼き上げるのが特徴になります。生のフルーツを乗せる際にはタルト台を別に焼き、甘い卵などをタルト生地に入れて焼きこむものがあります。ちょっと手間がかかりますが、焼きたてのおいしさは格別です! 代表的なタルト系 シブースト フロランタン リン […]
  • コツが必要シュー系コツが必要シュー系 シュー系と言われると思い浮かぶのはシュークリームでしょうか。あの薄く焼き上げられる生地は、生地を絞って、焼く工程でふっくらと膨らますのが特徴となります。焼き上げる際の温度や、時間でシューの食感も変化してくる繊細なケーキです。 代表的なシュー系 シュークリーム チョコエクレア パリ-ブレスト ベニエ クロッカンブッシュ ブラバンダー・シュニッテン 揚げシューなど。 […]
  • 日本とケーキの歴史日本とケーキの歴史 日本に初めてケーキが伝えられたのは、1543年に鉄砲を伝えたポルトガル船が、種子島に漂着したことがきっかけとされています。 その時に入ってきたのは、いわゆる“カステラ”で、これが日本でのケーキの歴史の始まりです。 日本で最初につくられたショートケーキは、1922年に不二家の創設者「藤井林右衛門」によって販売されたものです。海外の一般的なショートケーキは、「biscuit」 […]
  • 副材料はこちら副材料はこちら ケーキ作りには、主材料である粉類や乳製品、卵やバター以外にも副材料が必要です。独特の風味や香ばしさをプラスするには、味付けをしていないアーモンドやカシューナッツなどを使います。フルーツは、いちごやバナナなど生のものや缶詰を使用することもあります。 香りづけによく使われるのは、バニラエッセンスや洋酒、ナツメグやシナモンを使うこともあります。   […]

前後の記事

  前の記事
プリン
  次の記事
ホームページができました♪

こちらの記事も読まれています。

  • 焼きタルト・いちじく・焼きタルト・いちじく・ 焼きタルト・いちじく・ 350円 9~11月限定 地元船木で採れた新鮮でジューシーないちじくを、そのままタルトに閉じ込めました‼ […]
  • 苺タルト苺タルト 苺タルト 420円 当店自慢のサクサクに焼き上げたタルトと、カスタードクリーム、みずみずしい苺のハーモニー。 苺のおいしい季節限定です‼
  • バースデイケーキにはホールがおすすめバースデイケーキにはホールがおすすめ 近年は、バースデイケーキとしてホールケーキを購入するのが一般的となってきました。エールラポールでは4号(1~3人用)、5号(4~6人用)、6号(8名様前後)と人数によって大きさを選ぶことができます。また、エールラポールではネームプレートの用意もあります。   […]
  • モンブランモンブラン モンブラン 400円 サクサクのメレンゲとラムの香りを閉じ込めたマロンムースを、 フランス産の栗から作ったマロンクリームで仕上げました。
  • マロンラムマロンラム マロンラム 210円 フレッシュバターと洋栗を贅沢に使い、香り高いラム酒を焼き立てに染み込ませたリッチな焼菓子。
  • ケーキの歴史①近代編ケーキの歴史①近代編 さて、砂糖がヨーロッパにもたされたのは10世紀頃で、十字軍のエルサレム遠征をきっかけに イタリアの諸都市で砂糖を使ったお菓子が作られるようになりました。13世紀のフランスではアーモンドを詰めて焼いたタルトが、パテ屋から生まれ、 そこからお菓子屋さんを「パティスリー」と呼ぶようになりました。 現代の私たちが、食べているようなケーキが作られるようになったのは、ヨーロッパの中世の […]

ソーシャルボタン

PAGE TOP