山口県宇部市にて生菓子・焼き菓子など洋菓子を販売しております。

どれを使う?乳製品

ケーキに使う乳製品は、色々な種類があります。代表的なものは、生クリームですが他にもサワークリームやクリームチーズなどもあります。

生クリーム
牛乳から作られている脂肪分の多いクリームです。ケーキを作るには乳脂肪分が40%以上含む、新鮮なものが適しています。

サワークリーム
サワークリームは、生クリームを発酵させたもので、ほどよい酸味があるクリームです。

クリームチーズ
クリームチーズは、熟成させていない柔らかいチーズです。主にチーズケーキなどに使かわれています。

マスカルポーネチーズ
軽い口あたりのクリーム状のチーズです。火を通さないティラミスなどに使われています。

 

こちらの記事も読まれています。

  • 副材料はこちら副材料はこちら ケーキ作りには、主材料である粉類や乳製品、卵やバター以外にも副材料が必要です。独特の風味や香ばしさをプラスするには、味付けをしていないアーモンドやカシューナッツなどを使います。フルーツは、いちごやバナナなど生のものや缶詰を使用することもあります。 香りづけによく使われるのは、バニラエッセンスや洋酒、ナツメグやシナモンを使うこともあります。   […]
  • 必須は卵とバター必須は卵とバター 粉類と並んでケーキ作りに重要なのが、バターと卵です。バターと卵の選び方によってケーキの味が決まると言っても過言ではありません。 バター ケーキ作りに使われるバターは、無塩バターを使うのが一般的です。ケーキによって冷やしておいたり、室温にもどしたり、溶かして使用したりします。 卵 ケーキ作りにおける卵の使い方は、用途もさまざまです。卵白だけを泡立てるときは、 […]
  • ケーキの味を左右する砂糖ケーキの味を左右する砂糖 砂糖は、ケーキに甘みをつけるほかにも役割があります。卵の泡立ちを安定させたり、乾燥を防いだり、焼き色や甘い香りをつけるなどの働きも砂糖の働きによるものです。ケーキの材料としては、たいてい精製度が高く、さらさらで扱いやすいグラニュー糖を使用することが多いです。 上白糖はコクのある甘みを出し、ケーキをしっとり仕上げますが、焦げやすいといデメリットがあります。そのため、初心者には […]
  • 基本の”き”粉類基本の”き”粉類 基本の“き”とも言える粉類は大きく分けて薄力粉と強力粉となります。 薄力粉 きめが細かく、粘り気が少ないので、ソフトな口あたりに仕上がり、ほとんどのケーキに 使われる材料です。 強力粉 きめが粗く、粘り気が強いのでパイやタルト、打ち粉として使われます。 その他にアーモンドパウダー アーモンドを粉末にしたもので、生地に混ぜると風味が増します。 こ […]
  • ”エールラポールshop”はこちら”エールラポールshop”はこちら 私達の想い を お菓子にのせて 大切に 大切に 皆様へお届けいたします 「エールラポールshop」からご購入下さい
  • 焼きたてはタルト系が一番焼きたてはタルト系が一番 手作りできると、料理上手と思われるであろうケーキの代表であるタルト。タルトは生地を練って、型に入れて焼きます。パイよりも厚く、硬めに焼き上げるのが特徴になります。生のフルーツを乗せる際にはタルト台を別に焼き、甘い卵などをタルト生地に入れて焼きこむものがあります。ちょっと手間がかかりますが、焼きたてのおいしさは格別です! 代表的なタルト系 シブースト フロランタン リン […]

前後の記事

  前の記事
くすのきプリン
  次の記事
クロッカンシュー

こちらの記事も読まれています。

  • 定番スポンジケーキ系定番スポンジケーキ系 ケーキの代表と言っても過言ではない、スポンジケーキ。ふわふわで、好きな人が多いケーキの1種ではないでしょうか。生地はシンプルなので、クリームやフルーツを挟んだり、生地自体をチョコレート風味に焼き上げたりとアレンジが自由にきくのも魅力です。 スポンジ系のケーキには、全卵を使う「共立て」と、卵黄と卵白を別に泡立てる「別立て」によりスポンジに違いが出てきます。 代表的なスポ […]
  • ケーキの語源ケーキの語源 ケーキは外国語では、 英語でcake(ケイク) ドイツ語でKuchen(クーヘン) フランス語でgateau(ガトー) イタリア語ではtorta(トルテ・・・大きなケーキ) dolce(ドルチェ・・・スイーツと同じ意味)または pasta(パスタ・・・麺類や小さいケーキのこと) と発音します。 英語圏では1200年頃から存在していたと考えられており、古 […]
  • モダン・シューラスク・モダン・シューラスク・ モダン・シューラスク・ 220円 ほどよく甘さを引き立てる塩気とカラメルシロップの香ばしさがやみつきに♪
  • 日本とケーキの歴史日本とケーキの歴史 日本に初めてケーキが伝えられたのは、1543年に鉄砲を伝えたポルトガル船が、種子島に漂着したことがきっかけとされています。 その時に入ってきたのは、いわゆる“カステラ”で、これが日本でのケーキの歴史の始まりです。 日本で最初につくられたショートケーキは、1922年に不二家の創設者「藤井林右衛門」によって販売されたものです。海外の一般的なショートケーキは、「biscuit」 […]
  • ゆうれいロールゆうれいロール ゆうれいロール 16cm […]
  • お米のわお米のわ お米のわ プレーン チョコ 各140円 小野緑茶 160円 地元吉部地区で採れた、きめの細かい米粉を使用。優しい味わいの焼きドーナツです。

ソーシャルボタン

PAGE TOP